おきなわいち


上地哲の沖縄事典 (おきなわ自転?)
by UECHI
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


暑さに負けない!

f0014164_1133522.jpg

f0014164_1141525.jpg

f0014164_3305771.jpg

夏本番さながらの天気の中、汗だくで稽古をがんばった生徒たちにご褒美として、かき氷をごちそうしたら、あじまやのおかぁさんが私にサンピン茶のご褒美をくれました。
[PR]

by s.t.uechi | 2010-06-28 03:30 | 空手

風の魚シーラ

f0014164_22162114.jpg

f0014164_22162186.jpg

 糸満の県漁連の加工場でシーラを見つけた。おでこの出っ張ったこの大型魚はトローリングや一本釣りで釣り人には人気の高い牽きの強い魚だが、市場価格は決して高くない。沖縄では一般的にマンビカーと呼ばれている。どちらかといえば淡白な味わいの白身の魚で、刺身でも煮魚でも、またバター炒めやフライでもいけるので、私は好物の魚である。
 国頭村でこの魚を特産品として加工して販売しようと取り組んでいる方に以前お会いしたことがある。市場の評価は高くないがこの魚のおいしさを最大限活かそうとチャレンジしていらした。海洋深層水で塩漬けにし一夜干しにした試作品の味は何とも言えず上品な味わいであった。味噌漬けやフライなど試食させていただいたが、どれも逸品であったと記憶している。残念ながらビジネス化はかなわなかったが、チャレンジした玉城さんという優れた料理人の記憶は忘れられない。この地方では「フーヌイユ」と呼ばれていたこの魚を、彼は「風の魚」と名前をつけた。その詩的なセンスにも感心したものである。シーラを見る度に国頭で会ったこだわりの職人のことを思い出す。
 元々フーヌイユのフーとは「富」であると思われる。沖縄では得をしたとか、ラッキーなことを「フー」とも言う。
[PR]

by s.t.uechi | 2010-06-14 22:16 | 沖縄事典

梅雨の中休み

f0014164_12144094.jpg

 梅雨の中休みに、二匹の子猫がくつろいでいる。来週の火曜日15日は旧暦の5月4日ユッカヌヒーという。沖縄の漁港ではハーリー(爬龍船競争)が始まる。高らかにハーリー鐘が鳴り梅雨が明ける。
[PR]

by s.t.uechi | 2010-06-10 12:14 | 沖縄事典