おきなわいち


上地哲の沖縄事典 (おきなわ自転?)
by UECHI
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


チャーリータコス

f0014164_12203714.jpg

f0014164_12203779.jpg

 久しぶりにコザのチャーリータコスへ行った。平日だからか、私たちが店に入った午後7時半頃には他に客はいなかった。親戚へのお土産分と自宅分のタコスと、息子が味を見てみたいと言ったタコライスをテイクアウトオーダーした。待っている間にアメリカ人が四人、その後に日本人観光客のカップルが来店。人ごとながらホッとした。不況だと外食業界が大変になる。チャーリータコスはやっぱり美味い!出かける価値は十分にある。
[PR]

by s.t.uechi | 2009-11-25 12:20 | 沖縄事典

ユビキタス村づくりと読谷まつり

f0014164_14311449.jpg

 読谷まつりが11月7~8日に開催された。読谷村ユビキタス村づくりを進める我々は会場内にユビキタス技術を体感できるブースを設置して、村民向けの啓蒙活動を実施した。我々とは、読谷村、商工会、観光協会、沖縄国際大学、ユビキタス・ネットワーク研究所(ユビ研)、パスコ、デジタルあじまぁ等である。
f0014164_14365082.jpg

 上の集合写真はユビ研の山田事業部長、高澤さん、パスコの山田課長と沖縄国際大学の産業情報学部の学生たち。地域の観光振興や村民の利便性向上、外国人観光客の自律移動支援システム構築を目指したこの事業も、民主党への政権交代で予算が一律カットされた。中身の精査などはなく総務省は読谷村の事業も42%削減した。それでもこの事業に期待する村は全体の半分近い事業費を独自に補填することを決定した。決して裕福ではない一村の地域振興にかけるこの意欲を政府はどう受け止めるのか?あるいは地域のことなど全くの不感症なのか、問いたいところだ。
f0014164_14385224.jpg

f0014164_14433768.jpg

 読谷まつりも2日目の夜を向かえいよいよクライマックス。創作「進貢船」で、中国との交易を担った泰期の乗った船が棒術隊と松明隊に先導されて祭り会場へ入港する。なかなかの見ものである。前日の、沖縄音楽の始祖「アカインコ(赤犬子)」を称える古典音楽の大合奏と古典舞踊、子供エイサーや棒術に獅子舞、隣の会場ではブレイクダンス大会やロックコンサートなどなど、どの会場も人で溢れ、参加者も観客も思い思いに楽しんでいる。村民総出の祭りは2日間でのべ10万人が参加来場すると言われ、この日も遠く那覇から来ている知人に多く出会った。ユビ研の皆さんも「全国を回っているがこんな祭りは初めて」と感激していた。
[PR]

by s.t.uechi | 2009-11-09 15:03 | 地域