おきなわいち


上地哲の沖縄事典 (おきなわ自転?)
by UECHI
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧


花の名前がわからない

f0014164_1513544.jpg

f0014164_15135476.jpg

 家族が知り合いから綺麗な花が咲くからともらったものだが、三年ほどしてやっと咲いた花は赤と黄色の鮮やかな花だった。しかし誰に聞いても名前を知らない。知っている方がいたらぜひ教えていただきたい。葉は10cm〜30cmの大きさで、丈は1m以上に育っている。
[PR]

by s.t.uechi | 2009-08-31 08:13 | 沖縄事典

小林流空手道

f0014164_1622466.jpg

妙武館の松田館長と知念賢祐王修会会長
f0014164_1622450.jpg

 沖縄伝統空手道古武道国際研修センター(読谷村)で開催されている小林流空手道および沖縄古武道のセミナー参加者の交流会が海産物レストランで開催された。カナダやフランスなどから老若男女が8月1日から今日までの予定で国際王修会小林流空手道連盟の知念賢祐会長のセミナーを受講した。その懇親会には小林流空手道妙武館の松田館長、比嘉読谷支部長、空手着の守礼堂の中曽根社長も参加。
 世界大会、上地流国際大会、セミナーと続いた今月の空手月間がこれで一段落した。これから通常通りの地味な鍛錬の日々に戻る。
[PR]

by s.t.uechi | 2009-08-26 07:02 | 空手

第28回上地流空手道国際大会

8月23日東京都八王子市の京王プラザホテルで第28回上地流空手道国際大会が開催された。
f0014164_18195361.jpg
上地流の空手家だけでなく、フランス、ベルギー、カナダ、アメリカ、インド、タンザニアなど海外の空手家、そして国内の格闘家らが参加。
f0014164_18234150.jpg

形の部優勝者はフランス上地流のディディエ
f0014164_18242312.jpg

今年から顔面への掌底突きが解禁。文字通り全身への直接打撃が許されるフルコンタクトとなった。
f0014164_18261242.jpg

もともと掴みや投げも可能であるため、膝蹴り、投げからの押さえ突きなど多彩な技が繰り広げられる。
f0014164_18252511.jpg

直接打撃の根拠が、日々サンチンで鍛え上げられたいかなる打撃にも耐えられる身体である。
f0014164_18264467.jpg

[PR]

by s.t.uechi | 2009-08-24 18:53 | 空手

銀座わしたショップのシーサー

f0014164_1631468.jpg

 土曜日に銀座わしたショップに行った。懐かしいメンバーに会えた。副店長の前田さんとは数年ぶりかもしれない。かつて一緒に机を並べ全国のわしたショップの企画運営に携わっていたのがつい昨日のように思い出された。あの時小学生だったお嬢さんがもう二十歳とか。本店にいた永吉君とも久しぶりだ。素敵な奥さんと職場結婚してもう三人目のお子さんができたとのこと。人も歳をとる。でも変わらない笑顔に会えると幸せになる。
 銀座柳通り側に鎮座していシーサーも実に懐かしい仲間なのだ。1992年復帰20周年記念イベントで東京ドーム周辺と後楽園遊園地を使って8日間のビッグイベント「大琉球祭」を沖縄大好きの仲間が集まって敢行した。観客のべ10万人を動員してNHKはじめ全キー局でニュースとして報道され、与那原の大綱引きや全国のエイサー大会、音楽祭から映画祭、ちょっと硬めの文化祭やシンポジウムまで、復帰後初めて広く沖縄文化をアピールした。あまりの反響の大きさに感心した東京ドームから翌年も開催を依頼されたが主宰した事務局の体力が持たない。2年後の1994年に規模を縮小して第2回を開催したが、多くの皆さんの強力なくては出来ないイベントだった。
 その時のマスコットとして作られたのがこのシーサーである。墨田区の私の店「沖縄屋」にあったのを銀座わしたショップが開店した時にいっしょに連れて行ったのだ。あれから15年が経つ。正面玄関には新しく作った若いシーサーが鎮座しているが、何度かお色直しをして今なお現役でお客様をお迎えしてくれているのには感慨を覚える。
[PR]

by s.t.uechi | 2009-08-23 08:03 | 沖縄事典

木楽亭 in 久我山

f0014164_1629710.jpg
 今月発売の「danchu」9月号に杉並区久我山の木楽亭が記事で紹介されている。ここで食べられる肴は店主が築地の市場で自らセレクトして仕入れたものだ。また、飲める日本酒は自ら蔵元まで足を運んで選んだものばかり。どの肴も、そして酒も実に旨い!
f0014164_162976.jpg







 この木楽亭のオーナーシェフが浅倉鼓太郎さん。若くて凄腕の店の大将である。実は私が三鷹市に住んでいる頃、幼少期の彼と私の息子が同じ保育園でよく遊んでもらっていた。年上の彼は自分の大事なおもちゃを息子にあげたりして、当時から兄貴分として目下のものをかわいがっていた。
f0014164_1629758.jpg
 その息子が今この店で修行させてもらっている。今月いっぱいの予定でお世話になったこともあり、また義母の葬儀に香典を頂戴したお礼に、忙しくなる前にと夕方店を訪ねた。仕込みの最中と思いきや、写真の肴をご馳走になった。北海道の生秋刀魚の刺身は絶品である。ほんもののわらで炙った鰹のたたき、鯖、鯛など沖縄では味わえない油の乗った旬の味だ。開店前に店を出てかつて住んでいた三鷹の寮を訪ねた。多くの懐かしい皆さんと会うことが出来た。


f0014164_1629734.jpg
 夜再び木楽亭を訪ね、鼓太郎さんのご両親と杯を交わした。また、遅くに来られた奥さんにもあいさつできた。
 旨い酒と旨い肴、善き人たちと飲めるひとときは至福なり。
[PR]

by s.t.uechi | 2009-08-22 23:55 | private

ドラゴンフルーツの話

f0014164_1474627.jpg

 母の育てているドラゴンフルーツは今年もたくさんの実をつけた。この中身は白色の実だが、先日会社のバーベキューの時、顧問が持ってきたのは赤い実だった。赤の方が甘みが強い。このフルーツは果皮も料理に使える。野菜と同じ感覚で炒め物やてんぷらにも良いらしい。サボテンの仲間なので茎(葉)も栄養価が高いとの事。粉砕して家畜の飼料に使うこともあると聞いた。
[PR]

by s.t.uechi | 2009-08-20 08:06 | 沖縄事典

フルークの手術

f0014164_1234180.jpg

 我が家の一人娘(?)フルークが手術をすることになった。左目に傷がつき治療をしていたが、自分で目をこすったり掻いたりして直りが悪いため、目の幕を被せて縫い、回復を早めようというものらしい。午前中に読谷村にあるCoco動物病院に預けてきたが、検査をして問題が無ければ麻酔をして午後には手術という。うまく成功すれば夕方には退院できるとのこと。先生がとてもやさしい女医さんでテキパキ処置してもらえるので怖がりのフルークも治療が早く済む分安心だ。とは言っても最初の診察の日も緊張のあまり診察室でウンチをしてしまった。12歳で犬にしては老齢だが、毎日飲んでいるフコイダンのおかげで食欲旺盛、まだまだ元気だ。ガンバレ!フルーク。
[PR]

by s.t.uechi | 2009-08-19 12:17 | private

沖縄伝統空手道古武道世界大会

f0014164_12434466.jpg

 沖縄県立武道館で「2009年沖縄伝統空手道古武道世界大会」が8月14日から16日まで開催された。国内外から6200人の空手家が集ったという。
 空手道は武器を一切使わず、文字通り「手(ティー)」を主体として己の体だけで護身を図る武道である。自分を攻撃してくる相手を殺傷することなく自身を守るという目的は、それ自体が崇高な哲学と精神性なくしては達成できないものである。平和のための武術であるからこそ、これだけ世界に普及したと言えよう。自ずと日々の練習は相手を倒す競技のための練習より、心身の鍛錬と修養に重きが置かれることになる。競技場やリングの上で相手を負かすことが目的ではないからだ。
 私たちは上地流空手道連盟の一員として上地流系空手道連合会の団体演武で交流演武会に参加した。東京から13日に杉並の金城孝栄君とインドのサジェス君が来てくれた。私の道場の永朋也君と上地星夢が有段者として参加した。
 会場では上地流宗家の上地流空手道協会の上地完尚、完司、完有ご兄弟、フランスの島袋幸信先生、島袋春吉先生、連盟の志良堂清眞会長など上地流の先生方以外にも、剛柔流明武舘の八木明達先生、明広先生にもお会いした。海外から来た若い空手家が私に「Movie star of KUROOBI」と声をかけてきた。どうやら八木明人先生が主演して昨年公開された空手映画「黒帯」に出演している松濤館の中先生に間違われたようだ。髭の顔で以前にも似ているといわれたことがあった。もちろん違うことを説明した。
 これだけ世界に広がった空手を通して各国の人々と交流できることは、いろいろな意味で沖縄にとって幸せなことだと思う大会であった。
f0014164_13122049.jpg

f0014164_13132588.jpg

f0014164_13142839.jpg

[PR]

by s.t.uechi | 2009-08-16 12:40 | 空手

うるまバイオ、BBQ

f0014164_17455950.jpg

f0014164_17455916.jpg

夕方、勝連半島から吹く風が涼しく感じられる頃、工場の庭の芝生の上で、社員とその家族とでバーベキューを楽しんだ。
[PR]

by s.t.uechi | 2009-08-13 17:45 | 沖縄事典

北京の長嶺佳治社長

f0014164_112172.jpg
f0014164_11212822.jpg

 北京から長嶺さんが奥さんの千草さん共々夏休みで帰省した。中国で彼にお世話になった友人知人が集まって歓迎会。お互いに悪たれを突くほど仲の良い儀間組の儀間社長との腕相撲は、まるでトラかライオンがじゃれ合っている様相。光大物産の當山社長をはじめ気の置けない仲間が中国・沖縄の話題で盛り上がった。
 長嶺さんは北京で江戸国際貨運有限公司を経営する若手新進気鋭の経営者である。コザ高校を卒業後、単身北京の大学へ。卒業後在北京日系企業で働き、後に独立開業して今に至る。一人で多くの中国人従業員を雇用し事業を展開してきた経営手腕もさることながら、実に多くの中国人人脈を持ち、その信頼関係が中国でのビジネスを成功させている側面もあると思う。彼の人間性が大きな資産なのだと感じた。
 長嶺さんの活躍する中国へ、我々も市場の開拓に向けて夢を抱いて今年こそ実践して行きたい。
 長嶺さんの会社の制服のマークは、ハイビスカスにツバメの図柄に江戸の文字を載せてある。
f0014164_11565525.jpg

[PR]

by s.t.uechi | 2009-08-13 11:18 | okinawa1