おきなわいち


上地哲の沖縄事典 (おきなわ自転?)
by UECHI
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

初めてのハラキリ

2月25日県立中部病院に入院。たくさんの同意書にサインをさせられ、手術準備の事前処置。夕食後、水分、食物の摂取禁止。この時点では気楽なもので、たくさんの仕事を持ち込んで片付けるつもりでいた。事前処置で右手甲に太めの点滴針取り付けられ、右手が使えなくなる。パソコンが打てない。仕事はアウト。
翌日26日13時50分手術室へ。最初に下半身麻酔の注射を脊髄に打つ。背中を丸めて、体を動かさないよう抑えられる。注射の針が少しでもずれたらいけないからだ。約20秒かけて麻酔薬を注入された。しばらくして足が熱くなる感覚が広がり、足全体が痺れていった。自分の意思では下肢が動かない。腹部を触られている感覚はあるが、何をされているのか、もうわからない。
約62年の人生初めての手術で12cm程腹を切った。腹膜鼠蹊部ヘルニアとのことで、腹膜の筋肉に開いた穴をメッシュで塞ぐ手術。このままだと腸が出て捻れ血流が止まり大事に至るとのこと。
約2時間後の16時、手術医の一人から終わったと告げられた。切った部位に違和感を感じる程度で、まだ痛みは感じない。下半身は全く動かないので、医師たちが手術台からベットへ移動して、本館から別館まで長い渡り廊下を渡り病室まで運んでくれた。
麻酔が切れたら、痛みとの闘いが待っている。
f0014164_10094547.jpeg

[PR]

by s.t.uechi | 2016-02-27 09:08 | private
孫の旭(あさひ)はひょうきん者 >>