おきなわいち


上地哲の沖縄事典 (おきなわ自転?)
by UECHI
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

薬草を食した明治35年生まれの祖母の晩年のライフスタイル

f0014164_117516.jpg 祖母は60代までは家畜の豚、鶏を飼い、サトウキビや野菜を作り、農業を生業として生活していた。当時は畑の大豆で味噌や豆腐を作り、ラードも自家製。米やソーメン以外に現金を使うことはほとんどなかった。畑でできた野菜を「マチヤグヮー」に持って行くと、いろいろなものと交換できた。時にはナーベーラーがポークランチョンミートに代わった。
 70代になると体力のおとろえというより、周りの宅地化が進み、家畜を飼えなくなってきて、自ずと農業もやらなくなった。しかし家庭で食べる分の野菜は作り続けていた。
ほぼ日の出時刻に起床。「ミーグファイ茶」として緑茶を飲み、茶請けは黒糖が多かったと思う。時には裏庭の畑(アタイグァー)から、まだ朝露の乗った薬草を摘んできてお湯を注いで飲んでいたりした。いわゆるフレッシュハーブティーになる。
 朝食は一汁一菜の「ヒトゥムトゥ」、ご飯一膳、野菜炒めか煮物、ラード入りの味噌汁。
 食後に部屋の片づけ、掃除をして畑に出る。
 10時ごろに一休みの「ジュウジジャー」。緑茶またはサンピン茶に、茶請けにはやはり黒糖や時には小さ目の芋。また畑へ戻る。
 お昼もやはり一汁一菜。「アサバン」と言うが「朝飯」ではない。もちろん自分で作る。野菜の炒めものか島豆腐、ソーミン汁。食後は、炎天下の作業は避けて、お昼寝と鶏などの世話や屋根の下での作業。
 3時ごろ「サンジジャー」で、お茶と茶請け。陽も傾きはじめた3時半頃、畑に戻る。
 夕方、農具などの片づけと手入れ。風呂に入り、夕食までテレビを見ていた。
 夕食は「ユウバン」。やはり一汁一菜。フーチバーやカンダバーのジュウシー、島野菜、薬草が多かったと記憶している。時には魚汁にサクナやウィーチョーバーが入っていた。
 8時頃には床を布き、夏は蚊帳を吊り、9時頃には就寝していたかもしれない。

栽培していた野菜・薬草(出典/おきなわ薬草百科他)
クミスクチン:慢性腎臓炎、急性腎炎、高血圧、糖尿病、神経痛、関節炎、リウマチ、水虫
ウィーチョーバー:健胃、去痰、咳、喘息、中風、フィラリア、腰痛、多尿
サクナ(長命草・ボタンボウフウ):高血圧、動脈硬化、神経痛、リウマチ、肋膜炎、咳、喘息、百日咳、解熱
ウッチン(秋ウコン):蓄膿症、胆のう、黄疸、肺炎、肝炎、腎臓炎、疸石症、胃炎、関節炎、消化不良、浮腫
春ウッチン(ヤマウッチン・姜黄):コレステロール溶解、胆汁分泌、胃潰瘍、肝機能障害、二日酔い、結核
ニガナ:風邪、解熱、健胃、整腸、抗ウィルス作用、抗酸化
ハンダマ(水前寺菜):低血圧、めまい、貧血、頭痛、不眠症
パパヤ:咳、喘息、心臓病、消化剤、強壮、母乳、アレルギー
フーチバー(リュウキュウヨモギ):扁桃腺炎、疸石、黄疸、糖尿病、腎臓病、風邪、整腸、健胃
シマラッチョウ(ラッキョウ):利尿、赤痢、流産、早産
コーレーグス:健胃、食欲不振、嘔吐、吐き下し、二日酔い、肩こり、腰痛
チンサグー(ホウセンカ):魚類中毒、骨硬、とげさされ、月経不順、腹痛、鼻血
ナーベーラー(ヘチマ):しみ・そばかす、日焼け止め、月経過多
ゴーヤー(ニガウリ):健胃、あせも、低血圧、高血圧、糖尿病、眼疼痛
ヒル(ニンニク):破傷風、胃弱、肺病、強壮、風邪
ニンジン(チデークニ):咳、健胃、整腸、補血、消化不良、感冒、精力剤
チリビラ(ニラ):咳、遺精、痔疾、脱肛、童尿
他にも、カンダバー、ユービン、ショウガ、ネギ、大豆、インゲン、葉野菜など数多い。
[PR]

by s.t.uechi | 2013-07-11 11:10 | 沖縄事典
<< ワールド王修会沖縄小林流空手道... 健康長寿を取り戻す10の提言 >>